Img_a8a98bfa920560cd6ab48d69ee4acd7a
みなさん、こんにちは!

オオサキノオトvol.8、できあがりました。
今回は「きもの」特集です。
きものを着て行ってみたい場所、絵になる場所のほか、きものを少しずつお勉強してみたいなという方にも役立つ情報をご紹介しています。
この夏は、きものやゆかたでオオサキをぶらり歩いてみませんか。

まち歩きのコーナー「ちとちほ(地徒地歩)」は岩出山をご案内。
こちらも和服姿が似合う城下町です。
ぜひオオサキノオトを手に訪ねてみてください。

もうひとつ、すいーつふしみの勝又千枝さんに教えていただいた常備菜「人参の白和え」をご紹介します。
お豆腐の滑らかな舌触りにゴマの風味とコクが加わる白和えは、老若男女を問わず人気の一品。作り方は意外と簡単!レパートリーに加えてみませんか。

<材料>
人参 1本
絹ごし豆腐 1丁
(調味料)
 すりごま 大さじ4
 醤油 大さじ1
 砂糖 大さじ1

<作り方>
1)豆腐を30分ほど水切りする。
2)人参を千切りにして茹でる。
3)豆腐を崩すようにして調味料と混ぜ、茹でた人参を入れて和える。
Img_0dc4cd14b1083c44949d26abf41b7f55
オオサキノオトvol.7でご紹介した4つの常備菜。皆さんはもうお試しになりましたか?

今回常備菜を教えてくださった方々から、ほかにも美味しい常備菜レシピをいただいています。こちらのページで少しずつご紹介していきますのでご期待ください。

まず一品目は「おから炒り」。
おからは意外と手に入りにくいし、作り方もよく分からないという方もいらっしゃるかもしれませんね。
今回は美里町の老舗・伏見豆腐店に生まれ育った勝又千枝さんのレシピをご紹介します。いわばおからのプロ(?)、お豆腐屋さん直伝の作り方ですよ。

<材料>
おから 400g
ごぼう 50g
人参 50g
長ネギ 1/2本
油揚げ 1枚
油 50cc

調味料
 しょうゆ 60cc
 砂糖 30g
 酒 60cc
 みりん 60cc
 塩 5g
 だしの素 大さじ1

<作り方>
1)ごぼう、人参、長ネギ、油揚げを千切りにして油で炒め、調味料を入れて5分ほど煮る。
2)(1)におからを入れて炒めればできあがり。

Img_705afd8b49f27037b0e6e8ee97248d70
オオサキノオトvol.7、完成しました。

春、新しい生活のスタート。
今号は「きちんとごはんを食べて、元気に楽しく過ごしませんか」、そんなメッセージをこめた特集です。
大崎の料理名人やプロに教わった料理は、どれも皆さんの食卓のレギュラーになること間違いなし!大崎の旬の野菜や食材をつかってぜひつくってみていただきたいものばかりです。

「ちとちほ」のコーナーは、オオサキノオト編集部が勝手に命名した「古川カフェストリート」。4つのお店をご紹介しています。どのお店もそれぞれに味わいがあり、メニューも多彩。ぜひオオサキノオトを片手にカフェストリートを歩いてみてくださいね。

好評のどいちなつさんのレシピコーナーもリニューアルしました。
季節感を大切にしながら、手軽につくれる「こころとからだの滋養」。今回は女性にうれしい「小豆」のおはなしとレシピです。
Img_3481b2daf667d284f40cec0ddbe514e4
オオサキノオトvol.6が完成しました。
今回の特集は「大人も夢中!創作の世界」。
触って、観て、作って…とオオサキで楽しめる様々な「創作」の世界をご紹介しています。

表紙は中面でもご紹介している、組み木工房木の実さんの組み木細工。サンタクロースやクリスマスツリーなど、クリスマスらしいモチーフの作品はもちろん、干支シリーズやおなじみの絵本や物語を題材にしたものなど、子どもだけでなく大人も楽しめる作品をたくさんつくっていらっしゃる工房です。ほかにも、オオサキが誇るこけし文化のまち・鳴子の木地玩具の豊富さも新しい発見!

オオサキノオトvol.6を見かけたら、ぜひお手にとってみてくださいね。